【海外】ジェットスターで欠航になったときどうなる?

【海外】ジェットスターで欠航になったときどうなる?

滅多にない事ですが、LCC利用でフライトの時間が変更になることがあります。

今回、変更になったので紹介します。

フライトが欠航になったときのメール

フライトが欠航になった時こういった文章が送られます。

実際これはバスに乗って空港に行く真っ最中でした。「え?」と思いました。

欠航になったら再度予約が必要になります。

最安値での予約

LCCのスタンダードプラン(払い戻し不可、日付の変更不可)をしていました。関空からシドニーまで片道40,000円をきる料金でコスパ良い分です。

ホテル・食事の保証

今回の場合、宿泊1万円、食費3,000円、交通費その他がでました。

交通費は、ホテル間の移動で、公共交通機関です。

タクシーは深夜だとか特別な場合を除いて不可とのこと。

領収書を集めて、フライトの30日以内に出せば良いとのことです。

ベストプランへ変更

予約は、最も日時の早い、最適化された日付に自動で変更されていました。

最初乗り継ぎ便で予約していましたが、直行便になり、航空機もジェットスターからカンタスになりました。座席も広くなりました。

自動的、手動的どうなるかはケースバイケースです。

海外保険の航空機遅延保証

飛行機が遅れた場合や欠航のときに保険に入っていると帰ってくることがあります。

そういったときでも大丈夫なようにメールに証明書が添付されてきます。

これを窓口の係員に説明したらかいてもらえます。