【英語】Grammer in Use を使いこなすには?効果的な使い方について

【英語】Grammer in Use を使いこなすには?効果的な使い方について

海外での語学学校で実際に、授業で、そしてホームワークでこの本をガンガン使いました。

学校でのメインテキストは、Face 2 Face(これも、ケンブリッジの公式教材で、文法だけでなく、4技能がバランス良く伸びるし、トピックもeBayとか、日本の過労死問題とかでパートナーとの議論が面白い教材)を使いました。

効果的な使い方について

 

副教材としてグラマーインユース。この本はTOEIC900オーバーだろうとどうせまた見直すだろう必須級なんだろうけど。

プリント配布として、テスト前の補強練習として使っていました。

 

練習問題もずっと徹底的に文法と語法とで、飽きやすい。(ただしセンテンスはものすごく役に立ちます。全部丸覚えしてもいいくらいに)あと、テキスト、重いし、デカいです。

 

以前CD付きのテキストを買っていたんだけど、持ち運びが不便で、机から取り出すくらいしか使わなかったです。もったいなかったと思います。

 

一度学んでも、けっこう忘れてしまうため、見直す必要があります。これはどの勉強でもそうだと思います。

私はアプリのグラマーインユースを留学する前に購入しました。確か2000円ほどだったと思います。iPadで好きな時に勉強できるし、CDを取り出して、音楽再生する必要もありません。CDトラックの編集だとか、今更やってられないです。いい加減、CD廃止来ればいいのにと思います。

アプリをダウンロードして使う

アプリだと、速攻でセンテンスを聞くことができます。タッチするだけで、無制限に聞けます。とても便利です。

以前4歳の遊戯絵本をやったんだけど、それに近いです。

あれ、トラックどこだっけとか、余計に頭を使わなくていいし、どこまで勉強したか記録できるし、練習量も十分です。

 

難度が、本当に海外にiPad持ってきてよかったかなと思っていたんだけど、こうやってアプリで勉強できるだけでも購入した甲斐がありました。荷物もスッキリします。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です