社会人サークルのススメ:地域の公民館でバドミントンをしたら、就職活動がうまくいった話

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

バドミントンを続けて良かった〜!社会人サークルに行っていなかったら、今頃どうなっていただろう?

 

 

中学時代の闇のバドミントン

 

中学2年の時。

このころ、学校大嫌い人間で、教室の中、はよ出たいわとか中2業病全開でよくやっていました。

そしたら、友だちからの誘いで部活を始めました。

バドミントンをまったくしたことがなく、ルールも知りません。

 

でも、あれ、スポーツしているほうが全然楽だわ、ええな!

早く放課後になったらいいのに……と次第に思うように。

 

 

大学の履歴書!

 

中学校の部活でバドミントンやって、高校入学してからはまったくしなかったです><

ガチ体育系勘弁してね〜みたいな。

ですが、大学の就職活動のとき、面接の履歴書に、趣味・特技って書くところがあって…!

 

そうだ!バドミントンをもう一回やってみよう!そしたら趣味:バドミントンって書ける!

運動できると、コヤツ体力あるっぽい!とアピールポイントになるかなとか()

 

社会人サークルに凸する!

 

 

よし、公民館に行ってみよう!

どっかバドミントンやっていそうなところ!突入!凸!

 

地域の公民館へ、はんば無理やりお邪魔して!

 

わたし「こんばんは〜、バドミントン〜しt」

おじさん「(目を丸くして)どっから来ただ?……(体育館歩く音)ダッダッダ・・・、ええよー、バドミントンしたことあるかー?」

 

確かそんな感じ。(ちょっと記憶おぼろげ)

7〜10人の、40〜50代おじさんおばちゃんと一緒に楽しみました。

思っていたよりも、地域コミュニティーは年齢も関係なく受け入れてもらえて、入り口さえ開けたらあとは楽ちんでした。

最初が、知らない人ばかりだし、ちょっと怖い気も、でも期待も〜ってやつです。

 

 

納涼祭ポップコーン屋台のお兄さんを始める

 

夏になって、その地域の納涼祭の話があがりました。

屋台をするという話もでてきました。ボランティアしてみる?って話!

 

ポップコーンの販売で、興味をもちました。(履歴書がレベルアップするという邪心も少なからずあった)

設備やイベントの説明を受けながら屋台。

 

準備が大変、日が暮れてだんだん賑やかに…!楽しみ!

 

夕方6時ごろから、子どもがポップコーンを買っていきました。

面白い!

でも、あれだ、ポップコーンの売れ行きが微妙。

 

なんでだろうと思っていたら、塩味しかないし、味に飽きた系かなこれ?

と思ったので、公民館の冷蔵庫探してみたら、でっかいバターがあって。

分けてもらいました!

それでポップコーン焦がしバター味をつくって。そしたら売れました。小学男子が「うめーし!」とか言っていた。

 

お年寄りの方からは、食べにくいベタベタしていて!といわれたけど、そのときは塩を勧めました。

結果、子どもたちに喜んでもらえました。

単縦に嬉しかったです。

 

わたしは仕事することに恐怖と劣等感を持っていたのです。それが克服された感じ。

 

この出来事がきっかけで、仕事や人との関わり合いに自信をもったり。

内定しても、面白かったのでしばらく続けていました!

 

仕事しながらバドミントン

 

大学を卒業して。「ありがとう〜!鳥取出るけどまたね〜!」って。

 

そして仕事は福岡。仕事のストレスと残業で死にそう。

そうだ、バドミントンしよう。

 

 

ここにしよう。時間や電車賃を無駄にしたくない、住んでいるアパートから近い。

(福岡市博多区で活動中のバドミントンクラブ:Team A )

 

ここのチームはとてもみんな強くて、わたしは初中級者を行ったり来たり……

ですが、優しい人が多くて居心地良かったです。

 

わたしは初心者の練習相手をしたり、ダブルスの練習をして過ごしていました。

そのせいか、「けっこう助かるよ!」と。

 

転勤で福岡からはなれるとき、「また来てね」といってもらえました。

率直に嬉しかったです。

 

まとめ

 

中学のときに始めたバドミントン。

履歴書のためと思って地域コミュニティーに参加したら、いつの間にか逆に助けられていました。

サークルはストレス解消になるし、知らない土地柄をもっと知れます。

バドミントンにかなり助けられました。

わたしは仕事の愚痴をサークルで言わないです。バドミントンが吐き出していたと思います。

もしバドミントンしていなかったら、仕事のことばかり考えてつらかったかも!

 

バドミントンを続けていて良かったです!