【オーストラリア】自転車で、累計40,000キロ以上走る旅人夫婦から思ったこと

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

南オーストラリアに位置する小さな村 クーバーベディ(Coober Pedy)で、40,000キロ以上自転車で走る旅人お二人にお会いしました。

とても楽しく旅をされていて、強烈な印象を持ったので紹介します。

旅人に出会った共有スペースです。

 

その旅人ってどんな人?

 

その旅人は、ドイツ人の方で、2016年から夫婦で旅をしていらっしゃいます。

 

ウェブサイトはこちらです。(https://bisgenfunddannlinks.wordpress.com/

 

ドイツ語で書かれていますが、Google翻訳で日本語にして読めます。

しかも写真や動画がたくさんです。

 

 

何より読んでいて面白く、写真もとてもキレイで、まるでそのまま旅を一緒にしているかのようです。

2016年4月3日から、2021年4月3日の5年間を旅される予定です。

信じられないバイタル

そのブログのプロフィールを読んでびっくりしたのが、彼ら70歳をすぎていても、まったく好奇心も体力も衰えを感じないことです。

 

  • すざましいバイタル(体力・精神力)
  • 底抜けの好奇心

 

 

実際に、自転車のメンテナンスと荷物のパッキングをしていたところで雑談しました。

非常に知的で、子どものように好奇心で(本当に恐れ多い、わたしもそうでありたい)自然に思うままに楽しんでいるかのように感じました。

 

彼らが訪れた場所について

 

彼ら(UteさんとKoniさん。わたしと名前がほぼ一緒で驚かれていた)は、タンデムの2台乗り自転車に、テントや荷物を詰め込んで、40,000キロ以上走っています。

 

まだまだ続けられますし、オーストラリア が終わったら今度は日本へ行く予定だそうです。

 

そうそう、彼らが行った場所はウェブサイトによると・・・

 

  • アルバニア
  • アルメニア
  • アゼルバイジャン
  • バングラデシュ
  • ドイツ

 

初めてきく名前もあります。

  • フランス
  • ジョージア
  • ギリシャ
  • インド
  • イラン
  • インド
  • イタリア
  • カンボジア
  • カザフスタン

 

クレイジーで一生忘れられない国インドにも行かれています。

というかそんなところで自転車に乗るって相当楽しんでいますよね。

  • キルギス
  • クロアチア
  • ラオス
  • モンテネグロ
  • ビルマ
  • ネパール

 

特にネパールは『ものすごくお勧めする素晴らしいところ』と何度も強く行っておられました。

しかもタブレットで見せてくれるその写真は寝ても覚めてもいられないレベルです。

高校の地理の授業で必須レベルにするべきだって。

 

  • オーストリア
  • オーストラリア
  • スイス
  • スロベニア
  • タジキスタン
  • タイ
  • トルコ
  • ベトナム

 

しかもまだ旅は終わりません。

たぶん終わりがないのだと思います。

 

 

せっかく地球に生まれたのならいろんなものを見ておきたい。

観光ガイドとまったく逆の生きている旅だから、面白いのだと思います。

 

オーストラリア縦断ルートについて

 

オーストラリアの縦断は、思っていた以上にメジャーなようです。

 

自転車の完全縦断

彼ら夫婦、わたしと同じように、最北端ダーウィンから南アデレードへ進んでいます。

たとえば途中、背の高いアリの巣を直で見たり、その考察もまた興味深くて面白いです。

Australien II – In 41 Monaten um die Welt – Kugel

 

気温34度と、灼熱と夜の極寒をどう凌いでいるのか謎でもあります。

大変でも、慣れたらそうでもないのかもしれません。実は大したことないとか。

 

ソーラーカーの完全横断

あと、それと同時にワールド・ソーラー・チャレンジ(World Solar Challenge)

のことも知りました。

 

これはダーウィンからアデレードまでオーストラリア縦断を、ソーラーカー単独で独走するレースのことです。

燃料は太陽電池のみです。それで3000キロ以上の距離を走ります。

 

世界中の工科大学や研究者たちが参加を集っている大会です。

 

1987年から始まっている伝統的な大会で、日本チームもかなり強いです。東海大学が何度も優勝していて、競合はオランダやオーストラリアです。

 

砂漠地帯で、どことなく漫画(宇宙兄弟)の火星プロジェクトの大会に似ていますね。

無人ロボットをいかに早く確実に目的に到達させるか、天候や、故障などの不確定要素に打ち勝つかがキモのようです。

 

1 個のコメント

  • そのUte and Koniの20年来の友人の日本人です
    ふたりから「Kuniに会えて嬉しかった、楽しい旅を!」
    と伝えてほしいとのことでした!
    こんな偶然、あるんですね~
    私もKuniさんのサイトを通じて彼らの様子が知れて新鮮でした!
    ありがとうございます!
    どうぞ、気をつけて、楽しい旅を♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です