オーストラリアの自然豊かな砂丘のおすすめポイントを紹介(Cronulla sand dune)

オーストラリアの自然豊かな砂丘のおすすめポイントを紹介します。

クロヌラ砂丘 Cronulla sand dune と呼ばれる、シドニー中心部から車で2時間ほどの場所です。

 

自然豊かな砂丘、クロヌラとは

クロヌラの砂丘(Cronulla sand dune)はシドニーから少し離れた、15,000年の歴史を持つ砂丘です。

ここは、そこそこの大きさの砂丘と、緑いっぱいの森林があります。

 

貴重な生態、植物も数多くいます。サボテンに似たちっちゃいのとか。

 

アクセス方法

この場所のアクセスについてです。

クロヌラの駅で降り、そのあと、海岸をひたすら歩きます。

クロヌラビーチからさらに北へ、2〜3キロほど。

バスや電車はないため、少し歩きます。

 

砂丘のおすすめポイント

この砂丘の魅力についてです。

  • 一面に広がる砂丘
  • オアシスのような湖が見える
  • 心地いい道のり

順を追って紹介します。

一面に広がる砂丘

クロヌラの砂丘は、まあまあ広いです。

鳥取砂丘とまでは言わないけど、それでもそこそこ広いです。

行ったのが冬とはいえ少し汗をかきました。

途中で靴を脱いで歩きました。

帽子と水筒は必須です。

鳥取砂丘の風紋のように、きれいな模様はなかなかみられませんでした。

地形としてここは、風が当たりにくいのだと思います。

月面のクレーターのように、ぼこぼこしています。

砂は、とても細かく、裸足で歩いた感覚は鳥取砂丘にそっくりです。

ここでトレーニングをしている人もいました。

いわゆる砂丘走りです。

 

あと、サーフィンの板を持ってきて、サンドボードしている家族もいました。(そういえばすぐ近くがビーチだものね)

笑い声が聞こえて、めちゃくちゃ楽しそうでした。

 

オアシスのような湖が見える

ここの砂丘では、オアシスのような湖が見えます。

そして日光に反射した水面が、またとても美しいです。

このエリア、そこそことはいっても、わりと広いです。

だってほら、人が豆粒のように見えます。

ここの草木は、茎が太めで、たくましいものが多かったです。

アリジゴクは見つけられなかったですが、水も豊富なのでたくさんの生き物がいます。

ものすごく静かで、遠くで小鳥がチチチチ・・・と鳴いています。

冬でしたが、それでも少し暑く感じました。

水はとてもきれいです。

試しにちょっぴり飲んでみましたが、淡水で、しょっぱくない透明な水です。

 

あと、この近辺、人はあまりいません。

野鳥は30〜50匹いて、空の音、水の音、風の音がほんのり聞こえます。

心地よい道のり

この砂丘に行くまでの道のりがまたすばらしいです。

途中、心地よいビーチを通り抜けます。

波の音がとても良く、海も色鮮やかです。

楽しそうにサーフィンをしています。

このビーチを抜けた先に、砂丘があります。

 

まとめ

 

この砂丘の魅力について紹介しました。

  • 一面に広がる砂丘
  • オアシスのような湖が見える
  • 心地いい道のり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です