[靴]アシックスランニングシューズGT1000-6(ワイド)は良い履き心地 !

こんにちは! くに( @kuni_art )です。

アシックスランニングシューズGT1000-6(ワイド)は良い履き心地です。

50kmほど軽く走ってみて、「こりゃいいなー!ウヘェー!」と思ったので書きます。

 

アシックスランニングシューズGT1000-6(ワイド)

 

フルマラソン42.195km対応、アシックスの代表的なランニングシューズです。

特殊なジェルが靴底に敷かれていて、長時間のランニングはもちろん、軽い運動やジョギングなどにも最高です。

 

GT1000(ワイドモデル)

 

良い履き心地

 

実際に履いてみて、グッと来るシューズが一番です。そしていつ最高にマッチするシューズと出会えるかはわかりません。

わたしは、何度も履き比べてみて、悩みながら試着、そしてついにグググッと来ました。

 

6世代のロングセラーモデル

履くたびに嬉しくなります。

くっきりしたGT1000

 

 

GT1000-6(ワイド)の特徴

 

GT1000は頼りになるシューズです。

ベストセラーアシックスGT2000 Newyorkの弟分といいますか、値段は抑え気味にもかかわらず(GT2000よりも2000〜3000円安くて)、クッションや装備がしっかりしています。ワイドモデルだと横が突っ貼ることもなく、快適です。

GT1000は以下の強みがあります。

 

体重移動:ガイダンスライン

蹴り出す瞬間の体重移動を「ガイダンスライン」がサポートしてくれるので、だいぶん楽な感じです。

足のかかと、土踏まず、つま先といった足の各部分を、開発も何も知らないわたしですが、着地から蹴り出しまでの動作といいますか、しっかりと支えられてくれます。もう足に全部身を委ねて良いなと、そう思いながら走ります。

つま先までサポート

ねじれ防止:ガイダンス トラスティック

シューズ中心に付くパーツ「ガイダンストラスティック」は、シューズの「ねじれ」を防ぎます。

シューズは長い間使っていくと使い込まれて柔らかくなっていき……、つまり使い込むほど足が馴染んできて気持ちよく走れるようになります。

ですが残念なことに、シューズの芯も柔らかくなり、足をひねる怪我の原因になってしまいます。その原因をなんとかするために、この硬いパーツ「トラスティック」が、ひねりにくくして安定して走れるようにします。

 

反発性:インソールSpEVA

コート中敷SpEVAαのシリーズかな、優れた反発で気持ちいいインソールです。

 

デザイン:オールブラックカラー

 

シューズ全体がブラック、これがかっこよくて。

町中でもどこでも、走りたいときに走れる、黒でランニングシューズだと出しゃばらないので色んな服に合うし、凡庸性があって使いやすいです。

 

まとめ

 

アシックスランニングシューズGT1000-6(ワイド)は良い履き心地です。

休日の出かけが楽しみで、今度は海辺のあたりに行ってみようかな。友人も誘ってみよう。