【比較レビュー】ランニングシューズ gt1000とgt2000 の違いは?ゲルカヤノを含んだフルマラソン完走のおすすめは?

アシックスのフルマラソン完走のランニングシューズ。

どれがいいのか迷っている人も多いと思うのですが、わたしはどれか1つというなら「 GT1000 」をプッシュします。

 

モデルの比較

 

アシックスGT1000は、フルマラソン初心者〜中級者向けです。

(このサイトを参考にしています。ランニングシューズチャート

安定性 クッション性 重さ
GT1000 8 8 ふつう
NEWYORK( GT2000 ) 9 8 少し重め
GEL-KAYANO 10 8 やや重い
GEL-NIMBUS 8 10 重い

 

どれもアシックスランニングシューズの人気シリーズ、そしてフルマラソン完走モデルです。

 

GT1000は、十分な安定性とクッション性をもっています。

NEWYORK( GT2000 )、GEL-KAYANOは安定性を、GEL-NIMBUSはクッション性を増しています。

 

安定性やクッション性を重視すると、当然シューズも重くなります。

あと価格が上がりますね。

 

初級〜中級モデルがバランス良くておすすめ

 

とくに初心者〜中級モデル(GT1000~GT2000)が性能バランスが良くクセが少ないのでおすすめです。

そのままタイムを縮めるトレーニングにもつなげることができます。

GEL-KAYANO、GEL-NIMBUSは初心者向けで、やや重く感じるかも知れません。

かならず購入前に、試し履きをしてみましょう。

砂丘たまご
フィット感大切です!

 

上級向けのランニングシューズは?

 

上級向けのランニングシューズでは、ターサージール( TARTHERZEAL )などがあります。

とても軽く優れたシューズですが、フルマラソン完走というより、フルマラソンレースのシューズです。

ソールが薄く、足ができていないと怪我しやすいです。

初めてのフルマラソン完走にはおすすめできません。サブ3(3時間以内の完走)狙い向けです。

 

コストパフォーマンスについて

 

GT1000はコストーパフォーマンスに優れています。

2018年12月地点での、Amazonでの購入価格を見てみます。

価格( 割引価格 ) 小売価格
GT1000-6 4,980~6,990円 10,690円
NEWYORK( GT2000-6 ) 5,980~10,500円 13,820円
GEL-KAYANO-24 6,080~11,000円 16,740円
GEL-NIMBUS-19 6,080~11,340円 16,200円

 

秋のセール、型落ちモデルは割引率が高くなります。

Amazonの期間限定スポーツフェア15%OFFもおすすめです。

 

反対に、人気の色、サイズ(男性なら26.0cm前後)は値段が下がりにくいですね。

 

シューズは消耗品!?

 

意外と盲点ですが、シューズは消耗品です。

実際に走るとソールがけっこうすり減っていきます。

 

▲靴底のソール

 

タイヤ交換じゃないですが、500~1,000km毎にシューズ履き替える感じが良いですよ。

早めに変えておくことで、最高のコンディションを保てますし、雨の道に足をひねる心配も減ります。

一番大事な脚なので、ケチらずシューズを交換しましょう。

 

エントリーモデルの『アシックスJOG100-2』について

 

5,000円を下回る驚異のシューズ、『JOG100-2』があります。

フルマラソン完走用でないですが、ジョギングに対してコストパフォーマンスに優れたシューズです。

 

安定性・クッション性 重さ 価格( 割引価格 ) 小売価格
GT1000-6 高い ふつう 6,000~6,990円 10,690円
アシックスJOG100-2 ふつう やや軽い 3,840~4,480円 5,290円

 

GT1000よりもクッション少ないため、軽いジョギング向けシューズです。(散歩や軽作業に便利)

走れないことはないですが、42.195kmというフルマラソン中に、脚がおかしくなったとき後悔してしまうかもしれません。

フルマラソン対応でないので注意です。

 

インソールもいっしょに選ぶと効果的

 

ランニングシューズに最初からついているインソールでも十分です。

さらに高性能のインソールに変えると効果的です。

 

スーパーフィートは5,000円くらいする高級インソールですが値段に見合った性能です。

怪我の予防や、体の歪みを矯正するインソールで、フルマラソンまで良き相棒となりました。

【靴のインソール】Super-feet(スーパーフィート)、履くだけで歪みをサポートする最高のインソール。

 

浮いたお金を有効活用

 

GT1000を選ぶことでお金が浮き、そのぶん他のことにまわせます。

ランニングシューズのほかに、脚づくりのためのプロテインも必要でした。

砂丘たまご
プロテイン、じみに高かった…

ほかにも、ひざのサポーター、レインウェアー、アミノバイタル(本番用飲料水)などが便利でしたよ。

 

まとめ

フルマラソン完走のランニングシューズについて紹介しました。

完走対応ランニングシューズであれば、間違いなし。しっかり完走できますよ。

 

砂丘たまご( @kuni_art )でした。