アブラサス『ひらくPCバックmini』の使いやすさは異常。持ち運びにも最適。

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

 

このバッグ、パソコン入れても自立するので、気に入って使っています。

アブラサス『ひらくPCバックmini』は、ノートパソコン最高の持ち運びバックで、かなりオススメです。

 

ひらくPCバック miniとは

 

ひらくPCバックは、ペン立てみたいなバッグです。

ノートパソコンを立てて持ち運べるので、とても取り出しやすい。

 

ひらくPCバッグmini」は鞄の中にあるツールを、使うときには鞄の中から直接取り出し、使い終わったら鞄の中の元の位置に戻すスタイル。
作業が終わって、机の上を片付ける」という概念が無いバッグです。
カフェでもデスクでも、開いた状態でバッグを置いておくだけで、中身にすぐアクセスできるので、「ペン立て」のような感覚で使えます。

出典:アブラサスHP

 

グッドデザイン賞(2016)獲得しています。[ グッドデザイン賞2016

 

使用感

 

使用感いいですよ。

水筒・ipad・スケッチブックなど……ちょっとしたピクニックスタイル。

図書館やカフェ、ちょっとした待合などに読書!なんてのも良いですね。最高です。

 

 

■使用例

  • ノートパソコン、A3の大きなノート
  • 水彩ペン、スケッチブック、本、タブレット端末(お気に入りのアイテム)
  • 弁当、水筒、おにぎり(ピクニック気分)

 

 

メインポケット:そこそこ入る

 

メインポケットは、横幅12cmでそこそこ入るバックです。

せっかくなので、巻き尺で測ってみます。

 

奥行きは約12cmくらい。そこそこ入ります。青森のりんご2個分です。

 

 

 

 

インナーポケット

 

インナーポケットは、メインポケットの内側に。

貴重品をサッと取り出しやすい位置にあります。

 

わたしは、温泉に行くときの入浴券をいれていたり、モバイルバッテリー[Anker]を入れたりしています。

ジッパーも噛むことがまったくないし、使いやすいです。

 

 

サイドポケット

 

サイドポケットは、名刺、ハンカチ、酔い止め薬、スマートフォンなどが入る便利ポケットです。

 

 

サイドポケットはメッシュ状ですが、そんなに中見えないです。

意外とこれがまた、良いデザインです。

 

浅くもなく深くもない、もちやすい持ち手

 

四本の指で引っ掛けるように、浅くもなく、深くもなくもちやすい持ち手。

持ち手の深さは、3cmくらいです。

 

ひらくPCバックには持ち手はついてないです。(これもなかなか良いらしいです)

このバック、ひらくPCバック mini には持ち手がついています。

 

これ、持ち手、かなり重宝します。

ちょっと場所をずらすとか、席を外すときなんか、いちいち肩にかけなくていいから。

持ち運びの3〜4割は持ち手で運んでいます。それくらい必要で愛着の湧いているものです。

 

最初持ち手は固いですが、使い込むうちにちょうどよい硬さになりました。

この持ち手も、人間工学デザインで良いです。

 

車の座席に注意

 

車の補助席におくとき、運転していてブレーキをかけるとバッグ倒れることがあります。

予め足元に置くか、寝かすなどで倒れなくなりますが、車の座席置くときは注意が必要です。

 

高い

 

1年以上使うと安く感じますが、初めて買ったとき高く感じました。(2万円くらい)

でも、ノースフェイス吉田カバンなど人気メーカーとで、友人とかぶることがとても少ないです。

うーん、でもちょっと高い気がします。1万2000円くらいが買いやすそうです。ものはとても良いですが。

 

まとめ

 

ひらくPCバック miniを買ってみて、2ヶ月くらい経ってました。

バッグが倒れないし非常に快適です。

 

ノートパソコン最高の持ち運びバックで、かなりオススメです。