ipad(タブレット)での将棋:タブレット将棋をオススメする6つの理由

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

 

ipad持って、カフェでゆっくり、友人と将棋を楽しくやっています。

今回はipad(タブレット)での将棋のススメについてです。

 

タブレットだとすばやく始められる

 

普通なら、将棋盤とか、駒と用意しないといけないし片付けない……

ああ、正直めんどくさいですね。

タブレットだと最速で始められます。

将棋アプリ起動して、10秒以内。すぐipadが将棋盤になります。

 

向かい合って勝負できる

 

向かい合って勝負するの、なんだかんだ言ってこれが最高ですね。

パソコンだと、相手見えないんですが、タブレットできますよ。

 

相手の表情や気合いパワーもいっしょに共有できます。

この後の、お酒もおいしいですね。

 

駒がどっかへいってしまう心配がない

 

盤がごちゃごちゃしないし、終わってから将棋盤折りたたんで部屋のすみっこに置かなくてもいいし。

香車を無くしてしまって、ちっちゃい消しゴムを代わりにすることもないです。

 

荷物がとても軽くなる

 

リュックにペットボトル約1本分入った感じで、荷物も軽くて良いです。

盤だと弁当箱みたいにかさばるから、リュックに滅多に入れないです。

でもタブレットにしてから常時持っているようなもの。

 

棋譜管理も楽に

 

白熱した後、棋譜を読み返したいことがたくさんあります。

勝っても負けても、検討してこそ成長するし納得がいくんです。

 

パソコンだと「名前をつけて保存」とか、あれ面倒くさいです。

棋譜の振り返り、保存もタブレットだと楽チンアプリで一発完結です。

 

その場で棋譜の手順を再生してくれるから、煩わしさもないですね。

「次は△3三角成かあ…」と紙にかかれた棋譜を見ながら指すこともずいぶん減りましたね。

 

タッチパネル、すごくよい

 

ノートパソコンだと、マウスでミスクリックすることが時々ありました。

 

駒を持つ……クリック。駒を置く……もう一度クリック。

 

何回もやっていたらそりゃ間違えて変なとこクリックすることもあります。

最初のころのマウス操作は、なかなか慣れなく大変。

 

しかもiphoneだと画面がちっちゃくてこれもミスタッチなるし……(ちょっと指が大きいのかもしれない)

ポケットサイズの将棋盤は最高ですが、しっかりした勝負にはあまり使いたくありません。

 

やっぱりipadのタッチパネル、将棋にすごく良いんですよ。

駒を持つ…タッチ!

置きたいところに駒を置く…タッチ!

実物の大きさに近いし、そうそうこれだよこれ!って。ああ楽しい。

 

まとめ

 

ipadでの将棋のススメについて紹介しました。

 

ちょっとした休日や旅行先など、iPad使い始めてから以前よりも将棋する機会が増えたし、何より気軽なんですよね。

将棋の筋トレこと詰将棋も良いですよ。これは頭の体操にもなるから、一石二鳥です。

ぜひ使ってみてください。