【iPad】iPadで将棋が最高のツールだといえる3つの理由

iPadを使い始めてから、将棋やオセロも楽しくなりました。

休みの日に、iPad持って出かけるんですよ。それで時々将棋をやります。

 

iPadで将棋が最高

 

将棋・・・!タッチパネルで、友人とバトルして楽しみました。

白熱した勝負になりました!!!

それで思ったのは、iPadで将棋盤になってすごく満足だということです。

 

向かい合って勝負

 

これがいいんです。

なんだかんだ言ってこれが最高です!

 

 

サクッと始めて、すぐ終われます

 

普通なら、将棋盤とか、駒と用意しないといけないし片付けない・・・

正直めんどくさいですね。

でもタブレットだと最速で始められますよ。

しかも盤がごちゃごちゃしないし、終わってから、将棋盤折りたたんで部屋のすみっこに置かなくてもいいし。

駒がどっかへいってしまう心配もないです。

(香車を無くしてしまって、ちっちゃい消しゴムを代わりにすることもないし・・・)

 

荷物がとても軽くなる

 

リュックにペットボトル約1本分入った感じで、荷物も軽くて良いです。

盤だと弁当箱みたいにかさばるから、リュックに滅多に入れないです。

でもタブレットにしてから常時持っているようなもの。

いつでも、うん、将棋しようか!と声をかけることができるようになりました。

 

頭の中もシンプル

 

たまに本物の駒を使って勝負したくなりますが、本当時々思うくらいですね。

勝負する本質そのものは変わらないので、ほとんどタブレットで満たしてしまいます。

白熱した後、棋譜を読み返したいことがたくさんあります。

勝っても負けても、検討してこそ成長するし納得がいくんです。

パソコンだと「名前をつけて保存」とか、あれ面倒くさいです。

棋譜の振り返り、保存もタブレットだと楽チンアプリで一発完結です。

 

タッチパネルがよい

 

ノートパソコンだと、マウスでミスクリックすることがたまにありました。

あと、始めてマウスを使った時は、操作になかなか慣れなく大変でした。

スマートフォンだと、今度は画面がちっちゃくてこれもミスタッチしそうになりました。

ポケットの中に将棋盤は、最高ですが、しっかりした勝負にはあまり使いたくありません。

やっぱりタブレットのタッチパネルが良いんですよ。

駒を持つ。置きたいところに駒を置く。

駒をタッチする、置きたいところにタッチする。

実物の大きさに近いから。

そうそうこれだよこれ!と身体の直感が働きます。

 

まとめ

 

iPadでの将棋、素晴らしいです!

もちろん実物にも良さがたくさんあります。駒の温もり、質感、ちょっとひんやりする感覚・・・

でもね、ちょっとした休日や旅行先など、iPad使い始めてからゲームプレイする機会が増えました。

頭の体操にもなるから、一石二鳥なんですね。

そうだ今度、友人誘ってみようかな。