オーストラリアのメモリアルウォークのおすすめポイントを紹介(Newcastle Memorial Walk)

オーストラリアのメモリアルウォークのおすすめポイントを紹介します。

 

メモリアルウォークとは

メモリアルウォークは、屋外で楽しめるウォーキングコースとミュージアムが合体した記念碑です。(Newcastle Memorial Walk)

シドニーから北へ3時間、ニューキャッスルという中規模の都市にあります。

 

3時間というと、お金も時間もかかり・・・そうなんですが、実際は片道6ドルほど(約500円)で行ってきました。シドニーの電車バスなどで使えるオーパルカード利用で、お得に旅行できます。

シドニーシティーとは雰囲気がまた違います。ニューキャッスルは、95パーセント近く現地オーストラリア人で、訛りもあり、滞在して楽しいところです。

 

メモリアルウォークのおすすめポイント

メモリアルウォークのおすすめポイントは全部で3つあります

  • 美しいウォーキングコースを堪能できる
  • 美しいシルエットを鑑賞できる
  • ニューキャッスルの歴史を学べる

順を追って紹介します。

美しいウォーキングコースを堪能できる

全長1kmを超えるこの大きな橋は、とても周辺の眺めがよいです。

海岸のビーチは地平線に続いていて、美しいです。

ウォーキングコースは地上4階建ほどの高さがあります。また地域の人も、ジョギングやウォーキングで利用されています。

それでは、この橋を渡ってみます。

ごく普通の遊歩道ではなく、かなり長いウォーキングコースです。

風が突き抜けて、まるで空中を歩いているかのようです。

観光名所のスサンギリモアビーチ(Susan Gilmore Beach)が見えます。

ここは、白い穏やかな住宅街と相まって、ホッとするビーチです。なんかどこか懐かしい香りがします。

 

くっきりしたコントラストのメモリアルが、ウォーキングコースにあります。

青空と雲が、よりシルエットを際立たせています。

橋から下を覗いてみます。

十分な高さがあり、ジョギングされる方や、自動車、家などが見えます。

途中、ハート形の石のベンチが2つあります。

より良い展望台になっていて、海、街、空、すべてを見渡しすることができます。

このウォーキングコースからみえる海岸は、色鮮やかでとても美しいです。

潮風がからだを通り、まるで空中散歩をしているかのようです。(二回目。でも本当にそう感じます)

ここはひょっとしたら天国の一部かもしれません。

歩きながら……ちょっぴり感じましたよ。

 

美しいシルエットを鑑賞できる

このウォーキングコースでは、美しいシルエットを鑑賞できます。

小さい順に、だんだん大きくなっています。

最後の3人だけはなぜか切り絵になっています。

顔にそのまま今の青空が浮かび上がります。

 

シルエットの鉄板の厚みは1センチほどです。スッキリした金属でできています。

風化の影響で若干サビていましたが、それがまた味があります。

 

戦争の戒めの意味があります。

徴兵と戦争への悲しみが浮かび上がっています。

一口に「美しい」だけの感想でなく、過去についてもしんみりと考えさせられました。

過去があって、今がある。わたしが同じ立場なら、悲しみを超えてなんとも言えない気持ちです。

こちらのシルエットにはライフルが見えます。

深く考えると、悲しくなります。

 

1914年から1918年の第一次世界大戦の間。

2015年4月24日にメモリアルができたようです。

 

ニューキャッスルの歴史を学べる

 

このウォーキングコースでは、ニューキャッスルの歴史を学ぶことができます。

以前、第一次世界大戦で、多くの兵士が犠牲になり、その記録が多く残されています。

 

メモリアルが作られたきっかけや、その歴史についても紹介されています。

 

数百メートルごとに、1914〜1917年と当時の状況を確認できます。

 

シルエットには、被害にあった家族の名前が刻まれています。

両脇のシルエット、すべてに。

 

 

メモリアルウォークへのアクセス

 

メモリアルウォークのアクセスについて紹介します。

マップ

 

まとめ

 

メモリアルウォークのおすすめポイントを紹介しました。

  • 美しいウォーキングコースを堪能できる
  • 美しいシルエットを鑑賞できる
  • ニューキャッスルの歴史を学べる

 

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です