[書評]『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んで、ランニングにハマりました。

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

 

村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んで、ランニングにハマりました。

この本は、村上春樹本人のランニング記録。

シンプルに走ることについて書かれていますので紹介します。

 

創作活動は体力勝負

 

創作と体力は大きな関係がある。

特に長編小説や、シリーズ物になるとずっと机に座りっぱなしになるから体力と、強靭な精神力も必要になってくるらしい。

 

()

たんに頭に汗を書くだけでないんだろうなぁ。

知的生産といっても、頭脳や五感といっても、けっきょく最後は体力や精神力なんだって。

 

 

創作とまったく関係ないことのように思えても、健康管理や気持ちの余裕にも繋がってくるらしいです。

 

 

何も考えない時間が必要

 

何も考えない時間がむちゃくちゃ必要だと書かれてありました。

 

空白の時間があってこそ、長く深く考えることができるらしいのです。

 

 

さらに驚いたのは、空白の時間を小説にしたためていること。

わたしだったら、ただ単に走るときは、せいぜい今日の晩ごはん何食べようかなとかそんなのです。

 

でも、村上春樹さんはそのへんぜんぜん違う。

走りながら、道具も材料もない時間も豊かに小説を頭の中で展開していってるんですよ。

 

なんていうか、ドキドキしてしまう。

 

①才能②集中力③持続力

 

途中で村上春樹さん、小説家に必要な要素は、①才能②集中力③持続力って身も蓋もないこと言ってました。

はっきり言うなあとも思いました。

 

どれだけ人を魅力するか、どれだけ創作を愛するか……よく、「才能切らした」なんて言い方を聞きますが…

 

どうなんでしょう?わたしは一番大事なのは持続力だと思いますけどね。

才能も何も、書き続けないと作品もブログも続きませんから。

 

フルマラソン・ウルトラマラソン読本としても

 

フルマラソン(約42km)やウルトラマラソン(約100km)の練習がいい感じに書かれてあります。

これ、フルマラソン知らない人にとって、こういうものなんだ〜って体験に。

気がついたら夢中で読んでいました。

 

思っていた通り、とても苦しいもの(特にレース後半はヤバいらしい)だと知ってなんだか安心しました。やっぱり。

 

ちなみに、まだわたしはフルマラソン完走していません。

2018年、フルマラソン完走できました。けっこう大変でした><

 

あと、意外だけど村上春樹さんの失敗体験もわりと書かれてあって、印象が良かったです。

見えを張っていなくて。

 

まとめ

 

『走ることについて語るときに僕の語ること』は、村上春樹本人のランニング記録。

ドキュメンタリーっぽく、等身大で書かれてあるし、読みやすいですよ。

難解な概念もなく、ただランニングを通しての日常がかかれてあって、夢中になって読みました。

ページも多くないですし、サクッと読めておすすめです。