【 駐車場情報 】『山陰モーターフェス&どんぶりフェスティバル』駐車場の場所・完全無料にする方法

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

『 山陰モーターフェス&どんぶりフェスティバル 』は松江市のくにびきメッセで行われるイベント。

くにびきメッセ周辺の駐車場情報くにびきメッセの駐車券を無料にする方法を紹介します。

 

イベントの駐車場

 

くにびきメッセは松江駅より北側に、車で5分、徒歩10分のところ。

『 山陰モーターフェス&どんぶりフェスティバル 』イベント開催で、駐車場が開放されています。

 

 

駐車場は全部で4ヶ所

 

イベントで開放される駐車場は全部で4ヶ所あります。

それぞれ土曜日、日曜日利用でき、無料になっています。(くにびきメッセ駐車場は3時間まで無料)

 

[ P 1 ]くにびきメッセ駐車場(西側)

[ P 1 ]くにびきメッセ駐車場(北側)

[ P 2 ]パークアンドライド駐車場(徒歩約3分)

[ P 3 ]旧県立プール跡地駐車場(徒歩約5分)

 

▲2018年配布パンフレットより

 

くにびきメッセ駐車場は3時間まで無料、約440台ほど停めることができます。(西側268台、北側173台)

また、8〜22時まで利用できます。

詳細は、『くにびきメッセ:駐車場のご利用について 』をご覧ください。

 

 

くにびきメッセの駐車券を完全無料にするには

 

もともと、くにびきメッセ駐車場は、3時間まで無料で利用できます。

( 以後5時間まで1時間ごとに100円、以後30分ごとに100円 )

 

(また、パークアンドライド駐車場、旧県立プール跡地駐車場は無料です。)

 

これを完全無料にする方法には、イベントブースに設置してあるカードリーダーに駐車券をかざすこと。

カードリーダーは、メイン会場の出入り口にあります。

 

 

駐車場にとめると駐車券が発行されます。

それを持って『山陰モーターフェス&どんぶりフェスティバル』に行きましょう。

※完全無料にするには、入場料500円のチケットが必要です。

 

 

メイン会場入り口にあるカードリーダーはここです。(2018年の場合)

会場の、出入り口近くです

 

ちなみに、入場チケット、当日何度でも出入り可能です。実際外のブースを見に行ったり、お手洗いで何度も出入りしました。

 

メイン会場入口で、パスポートみたいに見せるだけで通れますよ。こんな感じで。

 

 

いろいろやっていたら、すぐ3時間過ぎていましたので、忘れないように最初にカードリーダー通しておくことをオススメします。

 

まとめ

 

『山陰モーターフェス&どんぶりフェスティバル』の駐車場と、くにびきメッセの駐車券を完全無料にする方法をお伝えしました。

これら情報は2017、2018を元になりますが、来年度2019も同様になると思います。混乱を招きますからね。

 

イベント開場前9時30分でも満車の可能性がありますので、早めにスタンバっていたほうが確実で良いかも。

 

しっかり駐車場を確保して、イベント楽しんでもらえたら幸いです。