【小ネタ】『山陰モーターフェス&どんぶりフェスティバル』で無料開放されている場所って?何がある?

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

『山陰モーターフェス&どんぶりフェスティバル』で無料開放されている場所ってあるのでしょうか?

実は、あります。

しかも、けっこう楽しめます。

 

無料開放されている場所

 

山陰モーターフェス&どんぶりフェスティバルは、1階の大展示場で行われます。

 

けっこう盲点ですが、無料開放されている場所は、屋外コーナー、屋内コーナーあります。

屋外はイベント開場の入口付近一体。おもに珍しいクルマの展示になります。

 

屋内は、くにびきメッセ1階の小ホール。(1階渡り廊下の先にあります)

子どもと一緒に楽しめる場所になっています。

それぞれ、入場料500円がなくても見ることができます。財布に優しい。

 

 

屋外:昭和の名車ゾーン

 

昭和の名車ゾーン

お父さん必見!!昭和の名車を屋外にて展示します。

14日(土)スカイラインGT-RフェアレディーZ他18台展示

15日(日)スカイラインGT-Rスプリンタートレノ他18台展示

出典:山陰モーターフェス2018チラシ

 

 

イベント期間中、スカイラインG-TRの他に18台展示されています。

山陰モーターフェス2018はスカイラインG-TRが目玉だったみたいです。

 

 

スカイラインGT-RSKYLINE GT-R 、スカイライン ジーティーアール)は、かつて日産自動車がスカイラインの最上級、最高級グレードとして生産・販売を行っていたスポーツカーである。

出典:Wikipedia スカイラインGTR

 

スカイラインGTRは、日産自動車の最高グレード。

 

 

屋外:働くクルマゾーンなど

 

働くクルマゾーン

消防車、装甲車などわたしたちの生活を守ってくれるクルマたちを展示。

 

 

 

ほかにも、自動ブレーキシステムを体験できるものがあったりしました。

 

屋内:子どもクルマ作り体験コーナー

 

子どもクルマ作り体験コーナー(各日100名)参加無料

ご来場いただいたお子さまには、空気の力で走るエアーチャージカー作りを体験できるコーナーもご用意します。

午前10:30〜、午後13:30〜

 

屋内:紙レーサーなど

 

1位を狙え!描いた絵で競争!

描いた絵が立体化してコースを走り、レースを繰り広げます。
絵の色や形によって車の性能が変化しレース展開に影響します。対戦だけでなくタイムトライアルも楽しめます。

リコー 紙レーサー

オリジナリティのある絵をスキャンする機械で読み取って、オリジナルのクルマを対戦させたり。

ゲーム画面はマリオカートに似ていますね。最大4人対戦で、大人も子どもも楽しめそう!

 

【リコーMICEソリューション】 紙アプリ 紙レーサー サンプル動画

パラメーターは、はやさ、うまさ、つよさ、ジャンプがありますね。上手に書けるとポイントが高いのでしょうか、

あと、全然クルマじゃないのも作れていますね。ねこちゃん可愛い。

これ、アプリダウンロードできます。

 

 

 

まとめ

 

『山陰モーターフェス&どんぶりフェスティバル』で無料開放されている場所の紹介でした!