鳥取の関金温泉『 湯命館 』レビュー【日本の名湯100選】:温泉気持ちよかったし、フレッシュ感がとてもとても。

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

 

鳥取の『 関金温泉 ( せきがねおんせん) 』にいきました。

まあひとりですけど、温泉気持ちよかったし、フレッシュ感がとてもとても。

 

関金温泉とは

 

関金温泉は、鳥取県倉吉市にある温泉。

日本の名湯100選に選ばれています。

 

関金温泉といえば『 湯命館(ゆ〜めいかん) 』、長寿しそうなご利益のある名前です。

 

温泉の効能

 

神経痛、リウマチ、筋肉痛、痛風、動脈硬化、慢性皮膚病などによく効きます。

入ったら、気持ちがスッキリしました。

 

単純放射能泉(低張性弱アルカリ性温泉)、ラジウム温泉とよばれています。

なんだか怖いと思ったけどまったく害はなく、むしろ体にとても良いです。

 

温泉の成分(主観)

 

癖のない温泉で、ほんの少し塩気の感じがします。

パスタを茹でる感じでさっぱり。色もほぼ透明です。

 

関金温泉へのアクセス

 

関金温泉は、最寄りの倉吉市から車で1時間半くらい(バスでも同じくらい)です。

ずっと、川沿いを行き、山が少し開けたところにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変わったオブジェがある

 

関金温泉に到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し変わったオブジェもあります。

けっこう不思議です。なんだか見入ってしまう…

 

説明の看板があります。

どれどれ…

この3つのモニュメントは、個性、思考、価値観が異なる村が協力して、村の発展を祈願したものみたいですね。

アートだと思っていました、ごめんなさいね。

 

湯命館に到着

 

変わったオブジェを横目に、少し歩くと(1分)、湯命館に着きました。

まだ雪が少し残っていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内は広々としていて、最初どこにいけば分からなかったですが(迷子)、すぐ横に受付がありました。

入ってすぐ目の前に、いきなり休憩スペース。確かに休憩したいです。あと温泉でぬくぬくしたいです。

 

ほのぼのする絵画もあります。

見てたらだんだん、ゲーム『ぼくの夏休み』がしたくなります。

温泉のイメージ

 

あくまでイメージです。

温泉は、天井高くて、とても開放的です。

 

 

いろいろお湯がありました。

  • あったかい湯
  • ぬるま湯
  • 寝湯(そのまま寝て入ります)
  • 打ち湯

 

オススメのお湯(温泉)

 

個人的には、寝湯がオススメです。

先着3名ですが、ところてんみたいになって、気持ちよく浸かれますよ。

 

寝た姿勢で、そのまま天井見つめたり、遠くをぼーっと眺めてみたり。

極楽すぎました。

 

良い雰囲気

 

防水でスマホ、読書されている方もいました。

ずっとお喋りの止まらない方もいました。うらやましいです。

人は15人以上くらいいました。それぞれ勝手にくつろいでいて、良い雰囲気でした。こういう温泉大好き。

 

 

畳のある休憩スペースで、最高にゆっくり

 

温泉から上がったら、休憩スペースでゆっくりしました。

畳も気持ちいいです。

煎茶や緑茶などが無料(ホット・冷えもあります)で飲めます。

わたしが行ったときは、囲碁2時間以上ずっとやっている方や、女子中学生が楽しそうにテレビ見ていたり。

ほかにも、家族ぐるみで座布団でゆっくりしていたり……

 

マッサージチェアーもあって体をほぐしたりしていました。

いいなあこういうの。

 

まとめ

 

ぽっかぽかの体で、温泉気持ちよかったし、フレッシュ感がとてもとても。

帰る頃には日も沈んでいて、ああ関金温泉、たまにまた行きたいです。