【カメラ】『SEL50F18』とろける風合いのレンズです。標準レンズとiphoneとの比較。

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

 

うはぁ、やった!SONYカメラの単焦点レンズ( SEL50F18 )購入!

この単焦点レンズで写真を撮ると、とろけるような風合いで細部まで明るくとれちゃいます。

 

単焦点レンズ( SEL50F18 )の特長

 

この単焦点レンズ( SEL50F18 )は、一撃クリティカルヒットのレンズです。

 

クリティカルヒットの鬼、みたいな

会心の一枚、ヒットすると強烈。

重い一撃の大剣、重装備。

 

 

このレンズは特に近距離のモノ撮りや人物ポートレートですごく強いです。遠距離はほかにまかせよう的な感じです。

 

 

ソニーのミラーレスカメラを買うと標準パワーレンズ(SELP1650 )が付いてきます。

 

 

  • 背景のとろける画が撮れる
  • 夕方〜夜景など、暗くても撮れる
  • ポートレートなど、人物がプロのように撮れる

 

スマートフォンよりも良い画が取りやすくなります。

 

 

SEL50F18対応のカメラ

 

単焦点レンズ( SEL50F18 ) は、ソニーのカメラで使えます。

SEL50F18に使えるカメラ
エントリーモデル a5000( 販売終了) 、a5100、a6000
ミドルモデル a6300
ハイエンドモデル a6500

ソニーa5100はコンデジ並に小さいミラーレスカメラ、ソニーa6000と一緒に量販店で大人気の機種です。

 

ソニーのフルサイズのミラーレスカメラ( a7Ⅱ、a7Ⅲなど) はSEL50F18に向いていません。

レンズの規格が違うため、画像の四隅にかげが写ります。

 

今回レンズに使うカメラはソニーa5100で、なかなか使いやすいですよ。

 

 

すばらしいコストパフォーマンス

 

それでいて、ミラーレス一眼の中でもかなりコストパフォマンスが良いですよ。

「2〜3万円でこの性能はあり得ない」ってカメラのキタムラの店員さんが言っていました。

 

中古価格 最安値 (参考)メーカー小売価格
18,380~23,980円 22,920円 35,000円

※2018.8.16現在

それと、中古価格になってもなかな値崩れしないです。

安く手に入れたいと思ったのですが、結局新品と比べてほとんど変わらなったので新品を買いました。

 

 

発売から結構たつのに人気

 

SEL50F18は2012年から発売していて、けっこう人気です。

価格コム の口コミで700件以上、満足度☆4〜5キープ。(中にはサクラもありますが、そういっても、口コミも賑やかです)

満足度 口コミ数
SEL50F18 4.73 768件(2018年5月25日地点)

 

「単焦点レンズ 神レンズ」とか検索するとだいたいこのレンズSEL50F18がでます。

そんなに神レンズなのか知りたいです。

 

 

 

被写体について

 

それで撮り比べてみました。

被写体は、単焦点レンズSEL16F28です。(たまたま目の前にあったので)

  • 単焦点レンズ( SEL50F18 ) VS スマートフォン ( iPhone6s )
  • 単焦点レンズ( SEL50F18 ) VS 標準レンズ( SELP1650 )

 

で撮りくらべです。

 

SEL50F18 VS iPhone6s

 

最初、IPhone6sで撮りました。

▲iphone6sで撮影

 

対象から10cmくらいまで寄れました。背景はちょっぴりボケています。

レンズ中心の細部はまあまあ見えますが、暗くて見えないところもあります。

 

次は、SEL50F18です。

▲単焦点レンズ(SEL50F18)で撮影

 

単焦点レンズ(SEL50F18)だとヤバいくらいに背景とろけていますね。

半熟たまごトロトロの、雲の上の天国みたいです。正直びっくりしました。

 

SEL50F18 VS SELP1650

 

次は、パワーレンズキットについている、標準パワーレンズSELP1650。

これはどうなるだろう…

▲標準ズームレンズで撮影

標準ズームレンズで撮ったものです。

まあまあ背景がぼんやりしています。

 

次は、SEL50F18です。

▲単焦点レンズ(SEL50F18)で撮影

 

もっととろけています!

あと、気になってしまった…レンズの縁の隅々まで非常によく見えます!

(あとちっちゃいゴミも見えるくらい!落としておけばよかったです)

 

感動しまくっている

 

ピントが合うときハンパないですね!

「おおお!くっきり見やすく浮かび上がっている!」とおもわず感動しました。

▲iphone6sで撮影

 

カメラに付いている標準ズームレンズだと、ここまで印象的にはならないです。

SEL50F18のレンズだと、とてつもなくトロトロが撮れます。

 

SEL50F18は缶ジュースより軽い

 

レンズSEL50F18は軽いです。

約200gで、缶ジュースよりも小さくてコンパクトですし。

 

 

左手に缶ジュースをにぎり、右手で「パシャッ」って感じで写真がとれる感じです。

両手でもってボディの重心が安定しやすいです。

 

RPGっぽくする

 

標準ズームレンズだと片手でもヒョイッとできていましたが、SEL50F18は両手でしっかりともつイメージ。

一撃のクリティカルヒットならだんぜん、SEL50F18ですね。

 

RPG風 B
剣士 片手剣(ブロードソード) 標準レンズ( SELP1650 )
両手持ち剣士 両手剣(クレイモア) 単焦点レンズ( SEL50F18 )

 

 

いやいや、総重量1キロ以上のカメラもあるから、これでもめっちゃ軽いほうなんだ。

 

バランス重視で、弓や盾も装備できる、回復魔法もできるイメージ(なんだそれ)

 

ズームができることは、レンズをそんな取り替える手間もなく、機動性によいのです。

近距離の剣、中距離の弓みたいです。

 

レンズの縦ラインみたいなのがあります。ああ、

これはマニュアル操作でピント合わせるときとかに使う、オートフォーカス御用の方は多分ほとんど使わないです。

そのラインのと、ボディーのツヤとレンズが相まって素晴らしいです。

 

黒い塗装について

どっかレビューで黒い塗装が禿げたとか見た気がするけど、塗り直せばいいし、

そう何年か先の話だし(そんな粗悪品はそもそも商品にならない)、紫外線や日光の熱に気をつけたりして大切にすればいいだけのことだと思います。

 

 

このレンズは重装備といったけど、カメラの中ではとても軽いです。

F1.8でAPS-Cなのに500gを切ってしまいます。

重量
単焦点レンズ(SEL50F18) 202g
α5100カメラ(バッテリー込) 224g
SDカード、バッテリー 48g
合計 474g

 

 

 

ひゃあ〜〜良いなぁ!

 

 

 

まとめ

単焦点レンズ「SEL50F18」かなり、いやめちゃくちゃ背景ぼけぼけです!

細部まで暗くて黒い部分をよく写すレンズです。

 

レンズ選びの参考になれば幸いです!