【観光名所】鳥取砂丘のらっきょう畑ってどんなところ!?見頃は10〜11月!

鳥取砂丘のらっきょう畑に行きました。

らっきょう畑の花畑が一面に、とてもすばらしい場所でした。

 

鳥取砂丘のらっきょう畑って?

 

鳥取の食べ物は、カニ、梨、らっきょうなどが有名です。

※鹿児島県とならぶ日本でのシェア2位、食卓にあるらっきょうも、鳥取砂丘で育ったものかも。

 

鳥取砂丘という環境で育つので『砂丘らっきょう』とよばれています。

ちょうど良い酸味とシャキッとした歯ごたえで、とにかくおいしいです。

 

らっきょう畑は、一般公開されています。

10月後半〜11月初頭にかけて、紫色のらっきょうの花があたり一面に咲きます。

とても花きれいで『鳥取砂丘らっきょうマラソン(らっきょう畑の側道を走るマラソン)』もあります。

花好きのフォトグラファーや、鳥取砂丘に来たついでの観光客などで人気のスポットです。

 

鳥取砂丘らっきょう畑の行き方

 

鳥取砂丘らっきょう畑は、鳥取砂丘から真東へ、1〜2kmほど離れた場所一帯にあります。(赤い印あたり)

場所というより、農業地帯といいますか。テニスコート何個分だろう?という感じです。

 

交通面では、鳥取駅→バス(砂丘線)→鳥取砂丘→徒歩5〜10分が最短です。

 

 

駐車は、鳥取砂丘オアシス広場(無料)が一番いいです。歩くのが面倒くさかったら、車でらっきょう畑の側道もそのまま走れます。(農道になっています。ですがせっかくだし歩くのがオススメです。)

オアシス広場は、休憩スペース、トイレ、海水浴場、広めの無料駐車場があります。そして歩いて3分のところにすぐ近くにらっきょう畑が見えてきます。

らっきょう畑は意外と広く、けっこう歩きます。健康的でダイエットになり、日常のストレスもどっかへ行きます。

 

らっきょう畑の様子!

 

らっきょう畑に着きました。

 

らっきょう畑の他に、たんぽぽ、すすきなどいろんな植物もあります。小学校のころ遊んだ草木がそこらへんにあります。

そう、らっきょう畑は自然豊かです。

 

ほら。昆虫もいますよ、トンボ。(20秒近く止まっていて思わずシャッター)

 

こっちはカマキリ。

指でつついてもなかなか逃げない…

 

一面は、らっきょう畑。

犬の散歩をされている方もいました。うっすら奥が紫のらっきょう畑になっています。

 

 

場所によって、開花が違いますね。ここは遅咲きです。

 

 

 

秋晴れもあって、空気がとてもおいしく感じました。

 

あとはあれですね。らっきょうの収穫時期なので、はしゃぎすぎないように注意←

 

この風景とか最高です。また行きたい…

 

そうそう、ウォーキングのイベントもやっていて、途中200人くらい歩かれていました。

あたりには、めっちゃ満足げな声が響いていました。

 

 

まとめ

 

鳥取砂丘のらっきょう畑について紹介しました。

もし10〜11月に鳥取砂丘に観光に来られたら、らっきょう畑、超オススメです。

 

鳥取砂丘の壮大な世界とはまた違う、とにかく癒やされるカントリー・ロードというか。田舎暮らしランキングの農道ベスト10に入りそうな、そんな場所でしたよ。

ぜひ訪れてみて下さい。