【ソロツーリスト】『アブロードキャリー』3wayで快適。おすすめポイントの紹介

海外へいくため、ソロツーリストの『アブロードキャリー』を買いました。

これは、リュック、ボストンバッグ、スーツケースになります。

 

容量は43リットル、中くらいのリュックでこれを使っていきます。

 

アブロードキャリーとは

転がしたり、手に持ったり、背負ったりできるリュックです。

アブロードキャリーは、車輪がついています。

 

見た目がこんな感じです。

 

手に持つとこんな風になります。

 

アブロードキャリー43を買った理由

 

リュックにもスーツケースにもなる

 

アブロードキャリー43は、スーツケースにもなるし、リュックにもなります。

町中ではコロコロと転がして、快適な旅。

 

観光地にいくと、坂が急だったり段差が多かったりします。そのときは背負ってしまえます。

リュック重さもスーツケースとしては軽い(2.7kg)ので、小柄な方でも大丈夫です。

機内持ち込みできる(容量43L)

 

旅行は安くすませたい。

LCC(格安航空券)で機内持ち込みできるサイズを探していました。

アブロードキャリー43の寸法
高さ:54 cm 横幅:36 cm 奥行:25 cm

 

アブロードキャリー43は、飛行機への機内持ち込みもできます。

機内持ち込みは45リットル以内が多いです。少しでもサイズ、重さを超えると超過料金が発生するので注意です。

 

機内持ち込みすれば、余分な預け金がでません。

たくさんLCCに乗ることができて好きなところへ行く機会が増えます。

もしおみやげが増えたら、そのときはキャリーケースとして使ったり、セカンドバックにしたり。

ひとつ持っていてなにかと便利、そんなリュックです。

 

買いやすい価格

 

アブロードキャリー43は、買いやすい価格です。

ほかのものだと、たとえばカリマー(エアポートリュック)は3万5,000円します。

 

(カリマー) karrimor airport pro 40 キャリーバッグ エアポート プロ 40リットル スーツケース キャリーケース

カリマーのリュック、最初これにしようか思っていたくらい。

だけど高いし、重いし、そもそも地元にありません、取り寄せか…と。

 

アブロードキャリー43は、20,000円くらいで買えます。

容量もちょうど良いし、全体的にこれが良いなと思いました。

アブロードキャリー43

カリマーエアポートプロ40

容量 43~50L 40L
重量 2.75kg 3.6kg
価格 20,520円 33,480円

※価格は Amazon 2019年4月地点

スーツケース10,000円くらいからあります。

でも安物はタイヤ部分ネジ、壊れやすいからあんまり選びたくないですね。

壊れると巨大な箱になり、転がせなくなって大変です。

アブロードキャリーはタイヤが一方向で頑丈なつくりになっています(その分このあたり他と比べて重たい)プラスチックでないんですね。

もしタイヤ壊れても背負えます。

 

容量は?

アブロードキャリーは、容量が43、57、70リットルとあります。

値段、重さともにそれほど変わりません。

 

今回43リットルを購入しました。一番小さいと行っても、容量拡張43→50リットルへできます。

 

格安航空機通過後は、少し拡張すれば荷物整理が楽になります。

 

目的に合わせてリュックも変化できます。急なおみやげ詰め込めたりできるし。

トイレや階段など

トイレに行きたいときもスーツケースだったら邪魔くさいんです。

砂丘たまご
ほんと、大変

このリュックだと、フックを掛けて立てかけることもできます。

扉につっかえて閉じれなくて困ったこともあったけど、アブロードキャリーだとリュックに変化できるから便利です。

 

観光名所は階段がデコボコしていたり、急な坂があったりしますが、リュックになるのでそのあたりも攻略完了です。

 

タクシーを捕まえて空港へ向かったらそのままスーツケースに早変わりします。

なにげに空港内は連絡線だったり乗り継ぎがあると距離がありますし、楽ができるところは楽をしたいですね。

開きやすい

アブロードキャリーはフルオープン式なので、ジッパーからガバっと180度開くことができます。

パッキングにかなり便利です。

内ポケットもA4サイズ書類が入るくらい大きいので、『あれ、どこいった?』が少なくなってラッキーです。

 

腰ベルトもある

ガチの登山リュックにはかなわないですが、腰ベルトもあります。これは正直意外でした。

腰ベルトを使うと、長時間背負っていても疲れにくくなります。安定性が増します。

 

そして背中にクッションもついています。

タイヤ部分無くしてもお釣りが帰ってくるような、そんな職人魂を感じます。

 

こうなったらいいなという点

こうなればいいなという部分を紹介します。

もうちょっと軽くしたい

2.7kgでスーツケースとしたら軽いんですが、リュックとしたら重いです。

リュックは同じ45リットルクラスだと1〜1.5kgあたりです。倍くらいの重さです。

 

格安航空でジェットスターの機内持ち込みは厳しく7kg以内だとか、ほかだと10kg以内などがあります。

荷物の選定が大変なので、今回手荷物にしますが、ギリギリ機内持ち込み可といえど、もうちょっと軽くしてほしかったなと思います。

背負うとタイヤが目立つ

背負うとシルバー色のタイヤがちょっと目立ちます。

全部黒にしてほしかったです。

 

海外だと、べつにどうでもいいんですけど(誰も見ていないし)

国内の友人同士の、久しぶりの小旅行、北海道旅行、四国巡りのときは、抵抗あるかも知れません。

 

そのときは、スーツケースメインとして使ってデコボコの観光地でドヤる方法。

あ、なるほどそういうことね。

 

カラー展開期待

色はブラックのみです。

わたしはシンプルで大好きですが、おしゃれな色がほしい方も。

チェック柄、ネイビー、なんか元気になるカラー、OUTDOORとまではいかなくても何種類かあれば。

 

まとめ

 

アブロードキャリー43はスーツケースとしてもリュックとしても使えます。

ふだんはコロコロして、観光地では背負って。

いろんな場所に連れ回したいリュックです。