[カメラ]SONYミラーレスα5100はコンパクトで満足!【購入の決め手】

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

 

SONY一眼ミラーレスカメラα5100を購入しました。箱から出して、しばらく触ってみて、わくわくしています。

なかなか良いので、このカメラを紹介します。

 

SONY α5100とは

 

SONYのカメラα5100 は、本体300gを切る軽量のミラーレス一眼カメラです。

 

“ かわいい瞬間 ”にタッチしよう。高速AFと高画質を両立したタッチパネル搭載の小型・軽量デジタル一眼カメラ

出典:SONY α5100

 

一眼レフカメラより小さくし、画質も良くてベストセラーなんです。

このカメラa5100と別のカメラa6000は、エディオンやヤマダ電機などでもたいてい見かけます。

そしてやっぱり売れ筋だし、バランスの良いカメラなんですよ。

 

▲コンパクトで取り回しやすい

 

 

 

例えばこんなシーンに

例えば、こんなシーンに効果を発揮します。

運動会のときに子どもが走っているのを素早くサッと撮ったり、

夜のとても暗いところや太陽の逆光写真も全然負けないといった感じです。

 

レンズを交換すればもっといろんなことができます。超至近距離で花を撮ったり。

 

購入するまで

 

実際のところ、ソニーのα5100を買うまで1ヶ月近くかかっていました。

元々持っていたコンパクトデジタルカメラ(オリンパスSH-60)よりも、良いカメラが欲しいなぁから始まりました。

 

オリンパスカメラSH-60は、広範囲ズーム、強力な手ブレ機能、長時間録画と満足なカメラですが、

もうちょっと高性能なカメラを使って記録を残したいと思いました。

そのとき、欲しいと思ったカメラです。

  • 持ち運びしやすい(350〜500g程度)
  • 画質がスマートフォンより良い
  • 夜でもバッチリ撮れる
  • 逆光(太陽光)に強い
  • Wifi通信が使える(SDカード差すの面倒くさい)

 

 

こういったことで、ミラーレス一眼カメラに決定。

家電量販店で最初に目に入ったのはソニーのα6000で、販売員も強くオススメしていました、

ですが、まだaシリーズの良さがわかっていなく、色々見てから選ぶことにしました。

 

▲一式セット。新品のにおいがします

 

 

 

種類たくさんあって迷いました

 

CANON、NICON、オリンパス、SONY、パナソニック、富士フイルム・・・どれを選べばいいか迷いました。

そのため、インターネットで調べてみて、良さそうなのを見ることにしました。

中でも特に参考にしたのはこちらです。

一眼レフならCanonからNikonどちらか。ミラーレスならSonyがおすすめ。

世界で10万枚写真を撮った僕がおすすめするカメラ&レンズを紹介

この記事によると、ミラーレス一眼カメラなら、SONYが使いやすいそうです。

 

(→持ち運びがしやすい→使う機会が増える→もっと楽しくなるという好循環)

お金をかけるなら、カメラ本体よりも交換レンズの方が良いみたいです。

また、レンズは値段が下がりにくいので、一旦保管しておいて、売却してそんな損にならないようです。

 

最初に良いなと思ったもの

 

直感で良いなあ!と思ったのが「富士フイルム」と「SONY」のカメラです。

 

富士フイルムは、70年の歴史からのフジノンレンズが魅力的で、他カメラから乗り換えたというレビューも多く見ました。

色やレンズで世界的に有名で、海外ファンも非常に多いとか。

防水・防塵のカメラもラインアップされていて、堅実な印象をもちます。

 

悩んでいてもしょうがない、やってみよう!

富士フイルムX-1の中古(約22,000円)、F1.8レンズNeewer(約8,000円)の組み合わせで、ミラーレス一眼カメラを体験してみました。

この組み合わせは、かなりコストパフォーマンス高いです。

カメラ レンズ
富士フイルム XE-1 (中古約22,000円) Neewer(約8,000円)

ガシガシ使ってみたら一番早いじゃないか。

 

 

しばらく経って・・・

 

富士フイルムX-1の中古から安く始めて、もし上位機種やレンズが欲しくなったら、足していけばいいや!

と、1週間ほど使ってみました。

写真からは、豊かな表情と、含みのある色合いがよく出ていました。

 

凄いハマりそうな。楽しい、非常に満足のいくもの。

いい……凄くいい………!

 

ただ思ったのが「富士フイルムX-1、気持ち小さめのカメラだったら」

もうちょっとだけ、小さければ。

そして、超コンパクトであればもっと写真撮る機会が増えそう! と結構な頻度で思うようになりました。

 

理想に近いカメラ

 

お店の店員さんに「でもね、色々迷ってるんです。もうちょっとコンパクトなカメラないですか」

と尋ねたところ、おお。

SONYα5100を紹介してもらいました。

最初に見たSONYα6000よりも、ファインダーが無くて少しちっちゃいバージョンです。

大きさもオリンパスSH-60より少し大きいけど、持ち運びしやすく、動画や激しい動きにも強いカメラです。

 

・・・これだ

 

理想に近いカメラ!

 

コンパクトなので、ポーチや小袋にもすっぽり入り、家族で一緒に共有出来る。オートフォーカス(自動ピント合わせ)も素晴らしいとのことだしこれにしよう。

と思い、中古下取りに出して買いました。

元々中古下取りも含みで考えていて、実際に比較できて、持ち運びがすごく簡単なことが大切のように感じました。

それは、子供の頃、ゲームボーイや工作の道具で遊んでいて、常に持っておきたい、小さな大事な道具の感覚を思い出したものでした。

 

まとめ

 

「 SONY 」の携帯・機能性と、「 富士フィルム 」の画質・堅実性を比べてみて

私の場合、SONYミラーレス一眼カメラを使うようになりました。

使う機会が多いことが一番大事だと思います。

デカい、重たいとか、カバンにしまうのが面倒くさいとやらなくなるのが一番勿体無いなと。

ちっちゃいけどα5100中身凄いよ!

中古から挑戦することで、気になるカメラを納得しながら選びました。

いきなり本命の前に、古めのモデルで比較することも方法のひとつだと思います。

各社毎の特徴やスタイルが自分に合う・合わないが体験して分かるから納得して買い物が出来ます。

 

かばんにサッと入れて、1日が楽しくなりそうです。