【カメラ】SONYα5100が好きな理由をまとめてみました

こんにちは! SONYα5100愛用している、くに( @kuni_art )です。

結構他のカメラと迷いましたが、α5100は本当良いミラーレスカメラです。

SONYα5100が好きな理由をまとめてみようと思います。

 

 

SONYα5100が好きな理由

 

悩んで悩んで買ったSONYα5100は使い込むほどに良さが分かります。

 

 

持ち運びしやすい大きさ

 

私は「持ち運びやすい」ほどモチベーションが高まります。

ミラーレス一眼カメラ( APS-C規格 )の中でもかなりコンパクトです。

約280g(バッテリーとSDカード含む)で、(たいていのミラーレス一眼は350g〜)あと標準ズームレンズが約115gです。

ということで、標準ズームレンズ込みで500g切ってしまいます。(!)

あと体積も大分小さいです。いかにもThe カメラ!って感じでなくコンデジをスマートに持つイメージなので、なんていうだろう、鞄やリュックにも気兼ねなく入れて運べるんですね。

 

手に持ちやすいサイズ

SONYα5100は、手の小さい人でも扱いやすいサイズです。カメラ本体だけでみたらコンデジと大して変わらない大きさで、交換レンズが出っ張っているくらい感じです。

大人男性だとか、手が大きい場合でもカバーケースを付けることでさらに持ちやすくなります。

元々軽いので片手でスナップしたり動画撮影も全然いけます。500mlのペットボトルよりも軽いもの。

これが他カメラ( APS-C規格 )だと600〜800g前後の重さはあるでしょう。旅行でも重たすぎたり嵩張ったりしてストレスになったら元も子もないですよね。手のひらに収まる感じってすごい大事です。

 

優れたAF( オートフォーカス )

 

SONYα5100のAF(オートフォーカス:自動ピント合わせ)は非常に優れています。

公式によるとAFの捉えるポイントは約150点といわれていて、これはカメラ画面ほぼ全範囲を占めています。

すばしっこい動物や暗くて見えにくい物もほぼ一瞬でカメラはピントを合わせてシャっと捉えてしまいます。

これは動画撮影でも同様です。……正直ぬるぬる動くので鳥肌が経ちました。

どんなに最高の笑顔の一枚でも、ピントがあっていないと残念な写真になってしまいます。悔しい思いと撮影力不足を思っていたものですが、SONYα5100にしてからはピントが合っていないことがずいぶん減りました。

 

自撮りが簡単

あとね、α5100は自撮り簡単です。180回転する液晶画面をパカっと開けるだけで勝手に自撮モードになります。

これが便利で5人くらいまでの自撮り写真とか本当楽に出来るし、タイマーセットで準備時間も設定できるから、スマートフォン感覚でサクッと撮れちゃいます。

 

ハンドストラップ

 

持ちやすいSONYα5100とハンドストラップの相性は最高です。小さくて持ち運びやすいカメラに、グリップ力向上のハンドストラップです。

また手首にストラップをかけておくだけで、万が一落としたときの心配もしなくて済みます。

肩にかけるのも気合が入ってよいですが、本格武装のイメージなんですよね。サクッと撮って自然な世界を撮りたい。

とてもフットワーク軽く動けるのでいい写真もガシガシ撮れます。子どもの一瞬の表情も、子犬や猫の賑やかな時間もササッとハンドストラップをかけて撮るという至福。

ハンドストラップの色はどんなものでも似合いそう。スマートにいきたかったら黒かな。でも明るい色も捨てがたい。

 

SONYα5100での行動の変化

 

SONYα5100持って出る機会が多くなりました。旅行のときに入れることも標準ズームレンズをつけたままサクッと入れています。

 

カメラ好き話題が広がりました

カメラ持っていると初対面の人とも話題や趣味の幅が広がって楽しいです。

その人のこだわりをカメラを通して深く知ることができます。以前はカメラ全然わからなかったのですが、今では「わからない」だからこそ、具体的に聞いてみたり、こうこういった時苦労するんだよな〜!どう!?あ、なるほどありがと〜!と知識と経験が増していきます。少しずつ知っていくとそれが楽しいです。

 

写真を注意深く見るようになりました

カメラを持つと、以前よりも綺麗な演出、写真、構図などアンテナが張っている感が出てきました。

とは言っても随分とまだまだですが、よく見たらここの影、ひょっとしたら気を使っていたのかな、とかこれ取ったの奇跡的な瞬間だろうなとか個人的な範囲です。

カメラで実際に撮る側(趣味としても)になることで、勉強になることも多いです。もしカメラ持ってなかったらどうなっていただろうなー、買ってみてよかったわ、ふと今思います。

重くて持ち運びにくいカメラだと全然使わなくなっていたかも知れませんが、SONYα5100は超コンパクトで持ち運ぶたびにドーパミンが出るんかな、楽しくなるから。