【鳥取砂丘 砂の美術館】『宇宙飛行士ガガーリン』のレビュー

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

砂の美術館の、NASA宇宙飛行士ガガーリンが、なんかもうね、素直にキレイだなと思ったのでここに書き留めることにしました。

 

ガガーリン「地球は青かった」

 

宇宙飛行士ガガーリンさん。

なんと目の前にそのまま現れたみたいです。

 

ヘルメットのつるんとした感じだとか、ハーゲンダッツ食べたくなる…

 

 

NASA開発に使われるマシンも細かくて丁寧ですね。

 

月面基地での生活でかかせない乗り物も砂でつくられていました。

煙が舞い上がる感じがまた、エクセレント!

 

作品の隅っこに目を向けると満天の星空があります。

銀河や恒星がとてもキレイ。

 

特に月面からは、最高の宇宙と星がみえそう。

死ぬまでに月面旅行してみたいな。

 

 

 

アートの紹介

 

砂像の制作はヤン・リドン( Yang Lidong )さん。

中国で制作活動を始めて、近年砂の美術館で数々の砂像をつくられています。

2002年:中国・舟山で砂像制作を始める

2003年:山東芸術学院卒業

2008.09.12.13.14.15年:鳥取市「砂の美術館」砂像制作参加

2014年〜中国各地のフェスティバル、国際大会に参加

引用:砂の美術館パンフレット

 

 

 

1958年、アメリカ航空宇宙局( NASA )が設立されるとアメリカの宇宙開発は著しく成長していきました。

その後もスペースシャトルや国際宇宙ステーションなどの世界をリードする研究は続き、世界中の人々に夢や希望を与えています。

引用:砂の美術館

 

 

まとめ

 

「地球は青かった」、そして銀河星空の美しさを楽しみました。

今度夜散歩するとき、星空をゆっくり眺めてみようかな……。

 

アクセス