[植田正治写真美術館]世界最大級カメラレンズのレビュー:写真の遊び心、周りの自然いっぱいの環境で、けっこう楽しめます。@鳥取の美術館

こんにちは!砂丘たまご( @kuni_art )です。

鳥取の植田正治写真館にいってきました。

写真の遊び心、周りの自然いっぱいの環境で、けっこう楽しめます。

 

世界最大級カメラレンズがみれる

 

しかしはじゃぎすぎて、この美術館の目玉「世界最大級(大きさ)のカメラレンズ」を見逃していたのです。

気になったので最大級のカメラレンズを見に、もう一度行ってみました。

 

植田正治写真美術館とは

 

植田正治写真美術館は、世界的に有名な写真家:植田正治さんの写真美術館です。

自然豊かな自然スポット、観光スポット、そしてデートスポット。

 

ここ植田正治写真美術館に世界最大級のカメラレンズがあります。

美術館からは伯耆大山(ほうきだいせん)が見えます。

 

鳥取の自然豊かな山と、建築家の高松伸さん設計の美術館で、すばらしいひとときを過ごせました。

 

当館は自然豊かな豊かな大山山麓に位置し、建築家・高松伸設計による館内からは水面に映る“逆さ大山”が楽しめます。

出典:植田正治写真美術館

 

 

世界最大級レンズの場所について

 

世界最大級のレンズは、2階階段近くにあります。

そして「 映像展示室 」の出入り口の手前に置いてあります。

 

 

 

 

 

2階フロア全体はこんな感じです。奥の階段近くにレンズがあります。

 

でかくて重たいレンズ

 

レンズはとても大きくて重いです。

大人2人でも持ち運ぶのとても無理だと思います。

 

石鹸シャンプーのように見えますが、実際は匂いはしなかったです。

無臭ですね。

 

厚みも十分あります。

 

「KIYOHARA OPTICS INC.」キヨハラ 光学 会社 ・・・ ( 株式会社清原光学 )

この会社は、宇宙レベルのレンズをつくられています。

 

どうやってつくられたのか気になります。

 

あ、よく見たら支柱で支えられていますね。すげぇ…

 

 

 

レンズの性能

 

 

世界最大のカメラレンズ

 

■世界最大のカメラレンズ

・このレンズは、映像展示室にあるカメラ・オブスキュラ用レンズの原型です。製作段階で傷んだ場合の予備として作られました。カメラレンズとしては世界最大の大きさで、展示室のレンズは5枚で構成されています。

出典:レンズ案内

 

 

レンズは、部屋の床面から約5mの高さに設置。

2群5枚構成のレンズの直径は60cmで、5枚のレンズの総重量は245kg、鏡胴部を含めると625kgにもなります。

レンズの焦点距離は8m40cm、F値32、角度は21度で、反対側の壁面に映し出される映像の大きさは、直径7mにも及ぶ巨大な物です。

引用:伯耆町観光ガイド

 

 

まとめ

 

世界最大級のカメラレンズを紹介しました。

映像展示室にて、このレンズをつかったムービーが見れます。植田正治の活動、近辺山々の風景などが映し出されます。

15分ほどのミニムービーでしたがあっという間に感じ、行ってみてよかったです。

 

アクセス

 

植田正治写真美術館は、鳥取県米子市から車で30分くらい。

田畑のゆっくりした雰囲気がすごくしましたよ。