【オーストラリア 】ニューキャッスルのバスやフェリーはどんな感じ?おすすめポイントと注意点

オーストラリアの砂丘ってどんなところ?おすすめポイントを紹介します(ワーイミ国立公園)

 

オーストラリアのラクダのいる砂丘へのアクセスを紹介します。

ワーイミ国立公園(Worimi National Park)とよばれ、非常に横に細長い砂丘です。

 

ワーイミとは

 

 

アクセス

 

  • フェリー
  • バス

フェリーに乗っていく

この砂丘に行く途中で、フェリーに乗ります。

というより、この砂丘に行くだけのフェリーという、かなり贅沢な区間です。値段もバスとほど同じです。

 

チケット不要で、電子カード、1秒で清算完了です。

オーパルカードは、乗降時に、レインボーマークにカードを当てるだけです。SUICAのように、とても簡単です。

シドニーのハーバーブリッジを通るフェリーと違い、こっちのフェリーは、本当のんびりしています。

観光チックでない、地元ローカル感(例えば夕飯の買い物)が出ています。

注意点として、フェリーから降りた後、バスに乗り継ぐ必要があります。

時間効率を考えるなら、最初からバス1本があるので、(ニューキャッスル中心部から出ています)それに乗った方が良いです。

バスに乗っていく

ニューキャッスルからおよそ1時間30分、バスに乗ります。

本数は1時間に一本、土日だとさらに少ないので注意が必要です。

途中、大きな牧場が見え、牛、馬などの動物がめちゃくちゃ放牧されています。

柵から出ているものもいて、無我夢中で草を食べています。

バスから降りると、ANNA BAYと大きな看板が見えます。

ここから少し歩くと砂丘が見えます。そして、近くには小さなスーパーがあります。

市内から遠方のため、品揃えは悪いです。

砂丘が見えます。地平線まで砂丘で、360ど砂なので、(やべえとこに来たかも)と一瞬焦りました。

4WDの車のみで、2WDは禁止です。砂じごくにハマったら抜けられません。

車で行く

バス、フェリー、タクシー以外なら、車がおすすめです。例えばレンタカー1日3000円。

途中信号も少ないので、サクッと行ってこれます。

この砂丘は東西にとても長い砂丘です。

もし端から端まで歩いてたら丸一日かかってしまいます。そのくらい広いです。

 

この砂丘でできること

この砂丘でできることを紹介します。

 

どうしても行ってみたかった砂丘

ここはとてつもなく大きな砂丘です。そしてラクダがいます。

サンドボードもでき、4WDの大型の車で突っ走ることもできます。そこから先のビーチもまた美しく、フェリーもあり、なんだかワクワクしました。

 

わたしは鳥取砂丘が好きなので、どうしても比べてみたかったのです。

鳥取砂丘とどう違うのか?オーストラリアのラクダ(野生ではないですが)はどうなのか?

来たからには確認しておきたかったのです。

砂丘を一望できる

 

珍しいアクティビティを楽しめる

珍しいアクティビティを堪能できます。

  • サンドボード
  • 4WDツアー
  • バイク
  • ラクダ体験

 

 

4WDツアーは32km以上あるこの砂丘を大きめのクルマで走ります。

4WD Sand Dune Tours

 

 

このアホみたいに広い砂丘を爆走するツアーです。

1時間4WDに乗ります。(マリオカート、重量級クッパのカートのような車)

 

 

 

けっこう楽しそうだけど、ちょっと値段高いかも。大人1時間110オーストラリアドルから。

公式サイトから予約可能です。(https://sandduneadventures.com.au

この場所からすぐ近く、スカイダイビングもできます。

 

 

 

まとめ

 

●の魅力を紹介しました。

●●●のポイント

  • シンプル
  • シンプル2
  • シンプル3

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です